リンク集の未来

最近までホームページのリンク集は大流行でした。
しかし、Googleのパンダ・ペンギンアップデートを経て、「リンク集」というSEO手法は衰退してきたようです。

そもそも、リンク先のホームページを「紹介する」目的ではなく、相互リンクによるSEO効果を目的としているということで、SEOとしての効果は減損されるのはもっともです。

ただ、それがリンク集として「SEO以外を目的としていない」と言い切れるかは、微妙かもしれません。
機械的な自動相互リンク集にて、勝手にリンクが増えるだけのサイトは「SEO」だけが目的と言えます。
しかし、機械的な自動相互リンク集であっても、人が目視チェックをしてリンクサイトをチェックし、一定の目的をもって掲載している場合、「SEO」目的として低評価して良いのでしょうか?


そういった部分の判断精度を、Googleは日々向上させてきているのでしょうね。

実際の判断方法など、相当複雑なんでしょうね。


お宝相互リンク
在宅ワーク
紅葉
清流
[PR]
by yaex | 2012-11-26 22:00 | リンク集